カニンヘンダックスフント

6

カニンヘンダックスフントは、原産国はドイツ、体重~3.0kg、体高12㎝~13㎝、生後15ヵ月経過時に胸囲30㎝未満であることが必須であるダックスフントの中でも一番小さいサイズの犬です。
ダックスフントには、サイズが大きい順に『スタンダード』『ミニチュア』『カニンヘン』と3種類あります。
ダックスフントの元となる犬は、スイスのジュラハウンドと言う犬種とドーベルマンやピンシャーなどの交配によって作られました。
ダックスフント自体は、アナグマを狩るために作られた狩猟犬です。
穴の中に入って獲物を捕まえたり追い詰めたりする目的から、胴は長め、手足が短い姿なのです。
その中でも、カニンヘンダックスフントは、19世紀にうさぎを狩るために作られた狩猟犬であり、名前のカニンヘンとは、ドイツ語でうさぎの意味なのです。
また、別名ラビットハウンド、ラビットダックスフントとも呼ばれます。
カニンヘンダックスフントは、1995年に初めて、本場ドイツから日本に上陸しました。
当時は、両親どちらかがカニンヘンであれば、子犬はカニンヘンに登録する事が可能であった為、サイズに統一がありませんでした。
しかし、2000年からは、両親揃ってカニンヘンでなければ、子犬はカニンヘン登録が出来ないように改正されたため、ある程度のサイズの固定化が進むようになりました。

カニンヘンダックスフントの特徴

カニンヘンダックスフントの特徴は、なんと言っても小さな体です。
現在では、大きさは安定しているものの、血統によっては大きく育ってしまう子もいます。
また、ミニチュアダックスフントとして販売されていたとしても、生後15ヵ月経過時に胸囲30㎝未満である場合は、カニンヘンへの登録変更も可能です。
これは逆もありしで、生後15ヵ月経過時に胸囲30㎝以上である場合は、ミニチュアダックスフントへの登録変更も可能ということになります。
カニンヘンダックスフントは、毛並みもスムース、ロング、ワイヤーと3種類あります。
どの毛並みも特徴があり、スムースは光沢があり、ロングは可愛らしい飾り毛があり、ワイヤーはオシャレな眉毛とひげがあります。

カニンヘンダックスフントのカラー

レッド
レディッシュイエロー
イエロー
チョコレート
イザベラ
ブラック&タン
チョコレート&タン
ブラック&イエロー
ブルー&タン
イザベラ&タン
ダップル
ブリンドル

カニンヘンダックスフントの性格

勇敢
従順
やんちゃ
負けず嫌い

カニンヘンダックスフントの性格は、小さいながらも、狩猟犬ならではの勇敢さ従順さがあります。
また、動くものを追いかける犬の本能が、狩猟犬としてさらに強い傾向があり、飼い主さんから見ると遊び好きでやんちゃだと感じる方もいます。
おもちゃの引っ張り合いっこなどでも、負けじと一生懸命遊ぶ姿が可愛らしい一面、飼い主さんが離してしまうと持ってきてくれないなどの、立場の優劣をハッキリと区別してしまう傾向もあるので、小さい頃からのしつけがとても重要です。

カニンヘンダックスフントがなりやすい病気

 
 
 
 

犬の病気情報は、姉妹サイト・わんきゅうで解説しています。

関連記事