キャバリアキングチャールズスパニエル

6

キャバリアキングチャールズスパニエルは、体重5.5~8.0kg、体高30~33cmのイギリス原産の犬種です。
キャバリアキングチャールズスパニエルのルーツ犬は、16世紀頃に存在した鳥猟犬の小型スパニエルと言われています。
とくに、名前の由来にもなっているチャールズ1世、2世に溺愛されていた記録があり、何処に行くにも常に犬を抱えていたり、愛犬が行方不明になってしまうと新聞に報酬金付きで広告も出した逸話も残っています。
当時の動物の飼育では考えられないほどの溺愛ぶりで、周囲には陰では笑いものにされていたとか…。
小型スパニエルは、当初はコッカースパニエルに近い姿をしていたのですが、18世紀頃にヨーロッパでマズルの短い犬種が大流行したことに伴い、パグや狆と交配された結果、鼻ペチャのスパニエル(キングチャールズスパニエル)になってしまいました。
もちろん、キングチャールズスパニエルも王族、貴族、資産家などに愛され、カーペットドック(お座敷犬)とも言われる程でした。
しかし、19世紀に入り、ロンドンのクラフト展に訪れたあるアメリカの富豪、ロズウェルエルドリッジ氏が訪れたことにより転機が訪れます。
彼はチャールズ2世の絵画に登場するような、長いマズル、フラットなスカル、白い班のある頭部の小型スパニエルがいないことに嘆き、復活させるべく昔タイプの小型スパニエルを探すため巨額の懸賞金をかけた広告まで出します。
そして復活運動が盛り上がり、交配を重ねた結果、復活を果たした犬種が現在のキャバリアキングチャールズスパニエルです。
名前のキャバリアとは『中世の騎士』を意味しており、キャバリアキングチャールズスパニエルとは、『中世の姿を取り戻したキングチャールズスパニエル』ということなのです。

キャバリアキングチャールズスパニエルの特徴

柔らかい被毛、垂れた耳、大きな瞳で非常に優雅で愛らしい姿をしています。
骨はがっしりとしていますが、どこか柔らかい印象を受ける犬種です。
しかし、元々は鳥猟犬のルーツを持つ犬種なので、現在でも鳥に強く反応する個体もおり、華麗な身のこなしを発揮することもあります。

キャバリアキングチャールズスパニエルのカラー

ブラック&タン
ルビー(レッド)
ブレンハイム
トライカラー(プリンスチャールズ)

キャバリアキングチャールズスパニエルの性格

穏やか
物静か
愛情深い
友好的

キャバリアキングチャールズスパニエルの性格は、優しく穏やかです。
それに合わせて、運動も得意ですので、子供や他の犬種とも一緒に遊ぶことが可能です。

キャバリアキングチャールズスパニエルがなりやすい病気

 
 
 
 
犬の病気情報は、姉妹サイト・わんきゅうで解説しています。

関連記事