ジャックラッセルテリア

16

ジャックラッセルテリアは、体重6.0~8.0kg、体高25~38cmで、イギリスが原産の犬種です。
ジャックラッセルテリアは、1795年生まれのイギリスの牧師ジャック(ジョンの別称)ラッセル氏が作出しました。
ラッセル氏は小さい頃から小動物の狩猟を行っており、狩猟犬の育成はお手の物でした。
牧師になろうと大学へ進んだラッセル氏は、散歩の途中で出会った、牛乳屋が連れていたトランプという名のメスのテリアと運命の出会いを果たします。
大きさなどから、ブリーディングのベースにちょうどいい個体の犬だったのです。
そこで、ラッセル氏は牛乳屋に頼み込み、その場で買い取りました。
そして、大学を卒業したラッセル氏はトランプを繁殖プログラムのベースとし、テリア系や小型のハウンド種と交配を重ね、キツネ狩りに特化した犬を多数育成し、これらの犬たちはハンターたちの人気犬種になりました。
ラッセル氏はイギリスのケンネルクラブ設立にも貢献していましたが、自分の生み出したテリアは姿、形ではなく、フィールドでこそ評価されるべきと考え、終生品種登録を行わなかったため、見た目そのままのフォックステリアと呼ばれていました。
このフォックステリアは、ラッセル氏の死後、2つのタイプに分かれます。
ラッセル牧師から継承した真横から見て正方形に近い体型をした系統で、ショードック向きの犬をパーソンラッセルテリア、そしてパーソンラッセルテリアより足がやや短く、長方形の体型をしている系統の犬が現在でも人気が高いジャックラッセルテリアです。
ジャックラッセルテリアはその後、オーストラリアにてウェルシュコーギーペンプローグなどと交配し見た目や性格の改良が更に進み、2003年にFCI(国際畜犬連盟)に正式犬種として承認されました。

ジャックラッセルテリアの特徴

ジャックラッセルテリアの特徴は、小さな体に対して運動能力が非常に高いため、みなぎるパワーを全身で表現するアグレッシブさです。
テリア気質が強く狩猟犬であるため、運動量は他の犬種と照らし合わせてみても多めであり、1度の散歩は60分~90分程度、これを1日に2回必要とします。
登山やウォーキング、アジリティーにチャレンジすると運動不足が解消されやすく、ストレス問題にも発展しづらいので、是非行ってあげましょう。
また、ジャックラッセルテリアの被毛は、スムースコート、硬めのワイヤーヘアーのブロークンコート、ブロークンコートより毛が長いラフコートの3種類があり、それぞれの被毛によって長所と短所があります。
また、狩猟や美容目的にあたり、断尾していた時代もありましたが、現在は行わなくてもいいことになっていますので、尾の長いジャックラッセルテリアを見かけることも増えました。

ジャックラッセルテリアのカラー

ホワイト&タン
ホワイト&ブラック
ホワイト&タン&ブラック
ホワイト
ジャックラッセルテリアのカラーは、うさぎやキツネとの誤認を避ける為、白い部分は全身の51%以上であることが理想と言われています。
もし、白い部分が少ない場合は、狩猟の場では使役されることはありません。

ジャックラッセルテリアの性格

陽気
ポジティブ
賑やか
退屈な時間が苦手

ジャックラッセルテリアの性格は、陽気でありとても賑やかで明るく、失敗しても引きずらないポジティブさを持ち合わせています。
しかし、狩猟犬らしい知性も持ち合わせており、飼い主さんや信頼している人以外の言うことは聞かないこともしばしばあります。
また、運動量が多く必要である犬種であるため、退屈な時間がとても苦手です。
そのため、問題行動として指摘されることが多い、家具などの破壊行動を耳にすることがありますが、しっかりと運動をさせてあげると落ち着くことも多いので、おもちゃを与えるだけでなく、頭を使う遊びを取り入れたり、全身を動かすような運動を行ってあげると良いでしょう。

ジャックラッセルテリアがなりやすい病気

 
 
 
 

犬の病気情報は、姉妹サイト・わんきゅうで解説しています。

関連記事