アメリカンコッカースパニエル

1

アメリカンコッカースパニエルは、体重7.0~14.0kg、体高34~39cmのアメリカ原産の犬種です。
アメリカンコッカースパニエルの元となった犬は、スペイン系の狩猟犬のスパニエル種と言われています。
犬種名から鳥猟犬としてのスパニエルグループと認識している方も多いのですが、実は犬種名にある『スパニエル』はフランス語で『スペインの』という意味があります。
当時、ヨーロッパ各地で飼育されていたスパニエル種の犬が、19世紀末頃にイギリスからアメリカに向かう船であったメイフラワー号によって持ち込まれ、品種改良を重ねた結果、現在の姿になりました。
それまではアメリカに渡った犬もイングリッシュコッカースパニエルと同じであるという扱いを受けていましたが、1940年頃に別の犬種であると認められ、正式にアメリカが原産のアメリカンコッカースパニエルが誕生しました。

アメリカンコッカースパニエルの特徴

アメリカンコッカースパニエルの特徴は、美しく緩やかにウェーブしている被毛です。
一般的に知られているのは、ウェーブしている被毛ですが、実はストレートの被毛を持つ子もいます。
特に耳周りの被毛は多く、毛玉になりやすい傾向があります。
そのため、1日に一度のブラッシングを丁寧に行ってあげましょう。
また耳が長く垂れ耳であることから、食事のときなど汚れやすいこともありますので、スヌードなどで対策を行ってあげるといいでしょう。

アメリカンコッカースパニエルのカラー

ブラック
クリーム
ブラウン
ブラックタン
チョコタン
ブラック&ホワイト
レッド&ホワイト
など

アメリカンコッカースパニエルの性格

好奇心旺盛
人懐こい
おおらか
社交的

アメリカンコッカースパニエルの性格は、好奇心旺盛で様々なものに興味を持ちます。
人懐こく、おおらかな性格である犬種であるため、飼い主さん以外の人や動物とも仲良くできることからトラブルに繋がりづらいと言えるでしょう。
そのため、アメリカでは『メリー・コッカー(陽気なコッカー)』と呼ばれることもあります。

アメリカンコッカースパニエルがなりやすい病気

 
 
 
 
犬の病気情報は、姉妹サイト・わんきゅうで解説しています。

関連記事