ジャーマンシェパードドック

2

ジャーマンシェパードドックは、体重22.0~40.0kg、体高55~65cmのドイツ原産の犬種です。
実は、ジャーマンシェパードドックは歴史がまだ浅い犬種であり、19世紀末~20世紀初頭にかけて軍用犬を作出しようとされたのが始まりです。
各地の様々な作業や使役されている犬を元に調査を行ったところ、ドイツの農家で古くから飼育されてきた牧羊犬のオールドジャーマンシェパードに白羽の矢が立ちました。
オールドジャーマンシェパードは、牛や羊の管理を行う牧羊犬としての働きに加え、荷物を引いたり、番犬となったり、物を回収したりと多様な働きをしていた犬種であり、知能の高さや運動能力の高さは目を見張るものがあったのでしょう。
その後、徹底的な作業性の向上と訓練性能の向上を目的に交配を繰り返し、第一次大戦前に軍用犬として誕生したのが、ジャーマンシェパードドッグです。
第一次大戦時にも活躍しましたが、第二次大戦時には世界中で述べ20万頭も軍用犬として使役されたとされています。
戦争が終結を迎えると、ナチスドイツの軍用犬であったイメージから虐殺などの迫害を受けてしまいます。
しかし、知性も体力も兼ね備える、とても優秀な犬種であったため、軍用犬以外の働き方をさせるようになっていきます。
その結果、警察犬や番犬をはじめとする、盲導犬、麻薬探知犬など犯罪捜査の現場や、災害救助の現場で働くようになりました。

ジャーマンシェパードドックの特徴

ジャーマンシェパードの特徴は横から体を見た時に、お尻が少し下がっているような姿です。
これは犬種としての基準になっている項目です。
たくましい筋肉に俊敏な動き、ジャンプ能力やスタミナ力もたっぷり兼ね備えています。
1日2回60分程度の運動が必要です。
また、豊富な運動量が必要なため、徒歩のみならず、駆け足も取り入れてあげましょう。

ジャーマンシェパードドックのカラー

 ブラック
ブラック&タン
セーブル
グレー
ブラック&シルバー
など

ジャーマンシェパードドックの性格

服従心が強い
勇猛果敢
頑固
愛情深い

ジャーマンシェパードドックは服従心が強く勇猛果敢です。
しかし、飼い主さんには愛情深く、家族を守る姿勢をみせますが、依存度も強い傾向にあります。
そのため、飼い主さんが留守になると不安から落ち着きを無くすことがありますので、子犬のころからの訓練と飼い主さんのリーダーシップがとても大切な犬種です。

ジャーマンシェパードドックがなりやすい病気

 
 
 
 
犬の病気情報は、姉妹サイト・わんきゅうで解説しています。

関連記事