ボルゾイ

1

ボルゾイは、体重27.0~32.0kg、体高69~76cmのロシア原産の犬種です。
ボルゾイのルーツとなった犬については諸説ありますが、とても古い時代のサイトハウンドとロシアに土着していた猟犬の交雑により生まれた犬とされています。
13世紀頃のボルゾイは今ほど大きくはなく、ウサギなどの小型の動物を追う猟犬として活躍していました。
しかし、次第に大きな獲物を求めるにつれて改良されていきます。
ロシアンシープドッグなどを交配することにより、体は大型化され、勇敢さを備えていきました。
そしてボルゾイは、ロシアンウルフハウンドと呼ばれ、狼狩りのハウンドドックとしても働くようになりました。
その名の通り、2~3頭のチームで狼を追い詰めながら勇敢に噛みついて捕らえる姿はまさに圧巻だったようです。
1917年にロシア革命が起きると、貴族の飼育する高級な犬であったボルゾイは迫害を受け次々と殺されてしまい、数が激減してしまいます。
そこで犬種復活のために活躍したのが、ロシアからイギリスやアメリカの上流階級に贈られていたボルゾイたちの末裔たちでした。
初期の登録名はロシアンウルフハウンドでしたが、1936年になって現在のボルゾイと改名されました。

ボルゾイの特徴

ボルゾイの特徴は、優雅でしなやかな体でしょう。
時速およそ50kmで走ることができ、目視で獲物を見つけ追跡することが得意な猟犬であるサイトハウンドに分類される犬種です。
そのため、運動量は多めであり、歩く以外にも軽くランニングを行うなど運動の種類も増やしてあげる必要があります。

ボルゾイのカラー

ホワイト
ブラックの
レモン
レッド
シルバー
ゴールド
セーブル
トライカラー
など

ボルゾイの性格

運動能力が高い
遊び好き
愛情深い

ボルゾイは、運動能力が高く、遊び好きな性格と言えるでしょう。
また、飼い主さんには深い愛情を示します。
しかし、時速50kmで走ることができることから、興奮時などによって逃走してしまうと短時間で遠くの距離まで行ってしまいます。
そのため、散歩時にはリードを正しく持ち、飼い主さんがコントロールできるように訓練しておきましょう。

ボルゾイがなりやすい病気

 
 
 
 
犬の病気情報は、姉妹サイト・わんきゅうで解説しています。

関連記事